脱ステ・脱保湿の症状と経過 ※写真閲覧注意

こんにちは~タマニャコです

脱ステと脱保湿を始めてから1年2カ月が経ちました!!

今日は、脱ステ・脱保湿をしたらどのように皮膚が変化していったのかを見ていきましょう!

浸出液ドバドバ時期 ※写真閲覧注意

食事療法と脱ステ、脱保湿を始めて1カ月ちょっと経ったぐらいから、
とにかく炎症がひどくなって液がでまくりました。

今まで症状がでてなかったところにも色々とでたりもしました。
くるぶしやふくらはぎの中央あたりにもグジュグジュ出没。

陥没してた( TДT)

特にひどかったのが、足の甲と太もも、おしり。
真っ赤になってブツブツもすごくて、液がでてはりつくはりつく。

そのままだとズボンにしみてきちゃうので、
包帯を巻いてました。
この液が出てるときが一番ちゅらい・・・早くおさまってくれ~~~~

と祈るような気持ちでした。

強い乾燥時期 (落屑時期)

このあと強い乾燥の時期に入ります。
皮膚がうろこ状になってボロボロ落ちだします。
これを落屑(らくせつ)というそうです。

お風呂には死んだ皮膚がい~っぱい浮いてました。( TДT)
朝起きたら布団の上には粉粉が大量に落ちてた。

でもジュクジュクよりは気分が楽。

今頑張って生まれ変わってるんだ。って実感できたから。
お風呂に入っていっぱいこすって排毒をうながしてました

(のちに阪南中央病院の佐藤先生に、お風呂はできるだけ長湯しないようにと忠告されました!(;´Д`))

しか~し!
落屑と浸出液は繰り返すんですよね~Σ(゚д゚lll)ガーン

そう簡単に治ってはくれない・・・

液がでて、乾燥して、掻いて、液がでて、傷になって、痛くて、動けなくて

を何回も何回も何回も・・・繰り返す。ロボットみたいに歩いてた。

神は私を試そうとしているのか・・・😨

いつになったら綺麗な皮膚ちゃんがお目見えするんだよぉおお~~

でも!!その時は来たんです!!!

粉粉は少しづつ小さくなっていきました。
それと同時にどんどん皮膚が強くなってきて、掻いても粉がでなくなってきてる!!

皮膚は黒い色素沈着の中に白いツブツブがある感じ。

これで治る・・°˖✧◝(⁰▿⁰)◜✧˖°

と思ったら!!まだ続きがあった・・・😨

湿疹時期 

これは出たところと出てないところがあるんですが、くるぶしの写真があったのでのせます。

くるぶしは元々は炎症はなかったんだけど、脱ステ・脱保湿したらグジュグジュになって

陥没したんですよね。その時の写真がなくて申し訳ないです( TДT)ゴメンヨー

今やっとここまで治ってきたんです。

なにやら湿疹みたいなのが出来てますよね・・。

まだまだアレルゲンが残ってるってことなんかな?

アトピーの最後のあがきみたいな感じ。

少し治っては湿疹でて、また少し治るって感じで推移してます。

象肌&色素沈着時期(今ここ)

場所によっても治り方がずいぶん違うんですが、

背中は色素沈着も消えて普通の人と同じような肌になりました( ;∀;)

お尻と太ももの裏はちょっと象肌チック。

象肌とは皮膚が厚くなって乾燥でシワがよったりする象のお肌みたいな状態です。

でも象肌もだんだん平らになりつつあるので、きっと最後は色素沈着になって

うすくなって消えていくでしょう。(消えて!)

アトピー・掌蹠膿疱症完治まであと一歩のところまで来たああ~~!!!

まとめ

脱ステ・脱保湿の症状や期間は本当に人それぞれだと思います。

どのくらいでこの時期を脱出できるんだって本当に誰かに教えてもらいたい。

期間さえわかってたら乗り越えられる気がしますもん。

いつまで続くかわからない中、日々襲ってくる症状に耐えるのは本当につらいですよね😢

もっと症状が重い方は日常生活を送ることさえも困難になってしまうこともあります。

ご家族の方と話し合って、専門家に相談するなりしてから行って下さい。

最後は自分で決めるしかないんですけどね(-ω-;)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする