【アトピー・皮膚炎】VE&VI治療院の気血免疫療法レポート2回目!

こんにちは~タマニャコです~!

今日は気血免疫療法の治療2回目に行ってきました!なるりえ先生のプレミアコース。

前回はこちら▼

【口コミ】アトピーのおすすめ治療院!気血免疫療法(VE&VI治療院)!!

気血免疫療法って?

参考記事▼

【アトピー治療】免疫を高めてアトピーを治す!~福田ー安保理論と気血免疫療法について~

治療といっても、今はどこもかゆくもなくたぶん一般的な感覚で言ったら

健康そのものだと思いますね。

腰いたーいとか首こったー!とかはあります。

もう健康オタクの域でしょうか。

自分で「あ~ちょっと免疫下がってる。ちょい交感神経よりで顆粒球多めで活性酸素がでて

顔がちょっとグレーっぽいぞ」なんて言うのが自分でわかったきたんですよ!!!

結構すごいですよね(笑)我ながら。

ただ、自分の最善の免疫ではまだまだないと思ってます。

もう内側からあふれ出るツヤと色気でそこらへん歩いてる人をノックアウトさせるぐらい

プルンプルンのツヤツヤになってやろうと思ってるんでね。ふはは。見とけよ~!(誰)

で!

まずは体の上に温めたストーンをおいて体にじんわり熱をいれる。

先生「新年早々だから優しくいくね~♪」

ゴリンゴリリンゴリン!!!

にょほーーーーーーーー。こ、これこれ・・・きもちいぃ。いや。いてえ。

でも気持ちいい。いや。いでhでぇhでぇえふぇふぇいjふぁ;jf。

最後は、ほわーん。じんわ~り(きもちぇかった・・いい意味の副交感UP)

ってな感じです。

先生「はいはいはい~♪と言いながらやる(笑)!!ふはは!」

タマニャコ「先生Sっけすごいですね~」

先生「私、実はどMだと思うのよね~自分がやられたい感じを患者さんにやるというね。うふふ♪」

とまあそんな感じで(どんな感じで)ゴリンゴリン流していくわけです。

タマニャコは、疲れがたまってくると腰痛がでやすいんですが、特に腰仙関節の部分で神経が癒着してたりからみあっていたりしてるって言ってました。

そしてちょうどあまり調子のよくない箇所らへんにプツプツと湿疹らしきものもちょっと

出てる。

滞りやすいんでしょうね。

きっつーいあっついーいお灸も据えました♪ぐぎぎぎっぎぎ。

お灸は血流改善にめちゃくちゃおすすめのアイテムです!!

参考記事▼

銀座せんねん灸お灸ルーム講座を受けたてきたよ!血流よくして冷え・アトピー体質改善!

正月にキャパオーバーともよべるごちそうもたんまり頂きましたしね!

ちゃんと養生してデトックスさせればいいんですよ♪うへへ。(暴飲暴食はよくないよ。うん)

背中も磁気の棒でゴリゴリ流していくんですが、ジャリジャリ感がすごい。。

自分が思ってる以上に血流って滞ってるし、老廃物もいっぱい。

特に何かの病気として症状が出ていないタマニャコでもこんなに滞っているので、

体に不調を抱えている現代人はもれなく血流滞ってる勢だと確信を深めたのであった・・。

膝もタマニャコは結構弱い場所の1つでもあって、スクワットも慎重にやらないと膝に負担かけちゃうんであまり積極的にはやってないんですね。

(家系的に家族全員、膝に水がたまったり、じん帯のばしてたりするので元々あまり強くないのかなーって思ってはいる。これも鍛えたり強くすることはできると思うんですが!)

膝裏もアトピーが出ていたので、色素沈着がまだ残っているんですが、やはり膝裏をゴリゴリ

流すと超絶イタイの。

これまた血流の滞りがあって流れてないのねん。

だから色素沈着も残りやすい。

肘とか膝とかおり曲がる所は老廃物もたまりやすいということもあるし。

そして膝裏にも針をさしたら、先生が「うわっ!!!なんかでてきた~~!!いやだ~こわ~い~♪」

写真今度もらうので追記しておきますが、芯の固いブツンとしたものが出てきた・・・。

2人で、「うわ~~♪なんかでてきた~こわーい!なに~♪(出てきたことに喜ぶ怪しい2人組)」

治療中にどんどん鼻水が流れ出てくる。

ちょっと風邪気味だったこともあるんですが、慢性的に鼻炎なんですね(医者にはいってないです。行かないけど)

デトックス感やべぇです。治療後には全部流れて鼻が通る通る(笑)すごいですよね~www

タマニャコは顔の特に鼻あたりの水分の巡りが悪いんだと思います。

顔全体もすっきりするから本当に最高!

アトピーは水の病気とも言われていますよね。

気血の巡りとともに、水の巡りもよくなるんですね。

実はなるりえ先生の体質も副交感神経よりのリンパ球人間なのです。

参考記事▼

【アトピー改善】自律神経のバランスの偏りがわかる方法!交感神経or副交感神経?

だからアトピーみたいな皮膚炎も出しやすいし、ちょっと食べすぎたり飲みすぎたり(先生はお酒が大大大好き・・正月にタイに旅行行って飲みまくったらしい・・(笑))すると口の中の粘膜がおかしくなったり、症状として出てくるらしいです。

先生のみすぎだよ・・笑。真似しないほうがいいですね(爆)

ただ、そのあとしっかり養生を徹底するし、(今はレンコンのすりおろしとか食べてるらしい笑)治し方も知ってるので、とりあえず大丈夫なんですね。

大爆発!なんてことにはならない。

普段、外(肌とか)に症状として出しにくい交感神経型の体質の方も、

ある日内臓の病気発覚・・!

みたいな事にならないようにしなくてはです。

それはある日突然ではないですから。。

積み重ねて、蓄積されて、自分の体に耳を傾けなかったことで病気として発症することが本当多いと思うので・・。

治療が終わると、全身の新陳代謝が上がりまくりマンになって、運動した後のようなポカポカして血流が巡ってるのがよくわかります。

なんか腰回りもすっきりするんですよね。最高か。

血流に関して今までも記事書いてきてますが、本当に本当に大事です。

血流が巡らないのには、いくつか理由があって、「血」が足りてない人、「気」が足りてない人、「気血」が流れてない人とかいろいろその人によってタイプが違います。

参考記事▼

アトピーでうつっぽい、前向きになれない気持ちを改善する血流の力

色々な理論があると思いますが、なるりえ先生は「気」「血」が足りない人も

まずは小さいながらもその「気血」を巡らせることが先決といっています。

そうすることで、だんだん胃腸やそのほかの内臓も動いてきて「気」や「血」が作られて、

だんだん増えていくと。

まずは少ないながらも流すことが大事なのだとか。(巡らせるのは運動!?といって体力をみずにむりやり運動して消耗しすぎるということがないようにしてください・・。)

先生と話していたんですが、やはり自分の体が「よくなってるぅ~」って感じる力ってすごい

大事っていうか。

治すのはあくまで「自分の免疫」なわけです。

治療はそのトリガー、引き金みたいなもの。

そこがわからないと、たとえ治療で治ることがあったとしても、再び病気としてあらわれてくると思います。

感じようとする心。自分の病気は自分で作り出していることに本当の意味で気が付くこと。

感じることなしに、この治療って治してくれるんでしょ?的な治療の意味もわからない感覚でいると実際効果もみえてこないこともあると思います。

その治療の意味を知ることって本当に大事です。

免疫整える治療を選んで気血免疫療法やってるのに、
その免疫を乱すようなほかの治療法を併用してしまったり、

出てきた症状を薬やそのほかの方法で抑えようとしたりとか・・。

それでは治っていかないのはしょうがないですよね

何を信じるのかって本当に大事なことですよね。

タマニャコは自分の免疫の力を信じることにしたので、その情報をこれからも出していけたらいいなぁって思います。

体そのものをよくする治療って最高だと思うんです。

この一瞬だけじゃなくて、未来の自分のためにも。

VE&VI治療院では月に1回セミナーをやってるのでぜひお話を聞いてみたらすごく勉強になると思いまーす!

なるりえ先生のエネルギーのパワーはとんでもないので、元気もらえますよ!

それではまた!

腰痛も鼻炎もめちゃくちゃすっきりー!

次の日の朝のお通じも最高でした‥(笑)きっと腸管もよく動いたんだろうな~~!!

日々の養生で疲れをためずぎないように気を付けるぞ♪

そして月に1回体の大掃除のメンテナンスDAYを作る。

現代人みんな頑張りすぎ、疲れすぎ、ため込みすぎ、血流滞りすぎ!だと思ってます~

タマニャコ母の治療経過はこちら▼

気血免疫療法(VE&VI治療院)の治療を受けてきた!潰瘍性大腸炎からの皮膚湿疹!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする