お肌一覧

【アトピー・皮膚炎】VE&VI治療院の気血免疫療法レポート2回目!

治療といっても、今はどこもかゆくもなくたぶん一般的な感覚で言ったら 健康そのものだと思いますね。 腰いたーいとか首こったー!とかはあります。 もう健康オタクの域でしょうか。 自分で「あ~ちょっと免疫下がってる。ちょい交感神経よりで顆粒球多めで活性酸素がでて 顔がちょっとグレーっぽいぞ」なんて言うのが自分でわかったきたんですよ!!!

アトピーでうつっぽい、前向きになれない気持ちを改善する血流の力

アトピーや肌に疾患を抱えているときって、うつっぽくなったり前向きになれなかったりしますよね。 実際にアトピーとうつ、アトピーとパニック障害、アトピーと不安症。 など色々な精神疾患を併発している方も多い印象です。 確かに、アトピーなどの肌疾患がある場合見た目にも影響するし、自己肯定感は下がり、 かゆみやストレスなどによってうつっぽくなったり、前向きになれないのはわかります。

【アトピー】胃腸が弱いのは血流で解決!甲田流!血液循環を促進させる毛管運動!

アトピーさんは、胃腸が弱い方が多いように感じます。 胃腸で消化・吸収できないのにいくらいい物をとっても意味がなくなっちゃいますよね・・。 まずは胃腸の健全化!! これが最重要課題であります!! 規則正しい生活・バランスのとれた食生活などで胃腸のケアをすることはとても大事。 そしてもう1つ!イエス!! 血流!!!

アトピーブログを始めて1年3カ月!2019年ふりかえる!

2019年大晦日。 「アトピーって何だろう」にコミットした1年だったと思います。 今日は今思うことを気ままに書いてみようと思います。 タマニャコがアトピーブログを始めたのは、自身が患っていた掌蹠膿疱症とアトピーが 改善(今は炎症もかゆみもなく、一部に色素沈着が残っている状態)したのがきっかけです!

【アトピー】ビタミンC(アスコルビン酸)のおすすめサプリはない!

ビタミンCって大事!市販している錠剤をたくさん飲めばいいやん!!うぇ~い!! ってことになるかもしれないですが、甲田博士はそうはいかないと言っています。 「というのは、ビタミンCはたいへん不安定であり、純粋に精製したものは 変化しやすく、生体にとって異物になるので活用されません。ビタミンC剤を摂取しても 数時間のうちに尿とともに排出されてしまいます。」

【アトピー】おなか(腸)のカビが原因だった?原因と対策方法!

おなかのカビが異常に増えすぎると、カビの出す酵素で腸壁が刺激されるため 腸の炎症が引き起こされることになります。 腸粘膜を守るIGA抗体という免疫物質も破壊されます。 そうすると、腸のフィルター機能が低下し、異物や不要物を通してしまい 未消化物や異物が血中に入り、アレルギー反応を引き起こします

【アトピー改善】自律神経が乱れると腸内環境の悪玉菌が増える理由

自律神経は心臓や胃腸などの臓器、血管、汗腺など、あらゆる器官の働きを無意識に調整している神経です! 自律神経が乱れると腸内環境の悪玉菌が増えるといわれてるんです~! アトピーは腸内環境が大切だといわれますよね!めちゃめちゃ大事です!! 腸内環境において食生活を見直すことはとても大事。 でもなかなか腸内環境がなかなか整わないのはなんで?と思ってる人に見てほしいです!

【アトピー改善】自律神経のバランスの偏りがわかる方法!交感神経or副交感神経?

自律神経は心臓や胃腸などの臓器、血管、汗腺など、あらゆる器官の働きを無意識に調整している神経です! 皮脂の分泌をコントロールしているホルモンバランスもコントロールしてます。 また、免疫のかなめである白血球の数や働きも調整しているんです!