【口コミ】40代美肌を目指す女性におすすめの青汁!極濃!生絞り青汁!無添加・農薬不使用★

こんにちは~タマニャコです!

タマニャコは、アトピーを完治させるためにアトピー・アレルギー完治のための食事療法

を行っているのですが、どんどんアトピーもよくなってきています!

そしてさらに美肌を目指すために毎朝人参ジュースを絞って飲んでいます。

朝は消化の負担にならないようになるべく軽く済ませるようにしています

参考記事▼

アトピーさんの食事療法を応援!!スロージューサーで作った人参ジュースがおすすめな理由!!

でも、どうしても時間がない時とか急いでるときとか人参ジュースなんて

作ってる暇ないんです

そんな時に、手軽に野菜の栄養や酵素がとれるものはないものか・・・

と思って探して見つけたのが青汁です!

今日はタマニャコが最近飲んでいる青汁をご紹介したいと思います~!

\極濃生絞り製法青汁/

名前からしてなんか効きそうな気がする・・まんまと戦略にはまっているタマニャコです(笑)

さっそく極濃生絞り青汁はどんな青汁なのか見ていきましょう!



極濃~生絞り青汁~のこだわり

原材料 内容量 販売会社

大葉若葉エキス(大葉若葉(九州産))無農薬 100%使用

デキストリン、難消化デキストリン、甘藷粉末、コラーゲンペプチド(ゼラチン)

乳酸菌末(乳酸菌、デキストリン)、コラーゲンペプチド(ゼラチン)

野菜ミックス(オクラ、キャベツ、ケール、ニンジン、カボチャ、ゴボウ、サトイモ、

紫イモ、シイタケ、ブロッコリー、アシタバ、アスパラガス、枝豆(大豆)、コマツナ、

セロリ、ダイコン、ダイコン葉、タマネギ、パセリ、ホウレン草、レモン、レンコン)

デキストリンは食品添加物ではなく、ジャガイモやトウモロコシから作られる
デンプンのことなので安心してください!

甘藷粉末の甘藷とはサツマイモの別名です。

90g(3g×30スティック)

販売者は、株式会社ノルト さんです

大麦若葉の効果

大麦若葉の効果として、食物繊維を豊富に含んでいるので、腸内の不要な物質を排出して

便秘の改善に有効です!

腸内環境をよくすることは美肌への第一歩なので嬉しいですね♪

大麦若葉は、緑黄色野菜の中でもビタミン・ミネラルといった微量栄養素がバランスよく

豊富に含まれているので、老化を促進するとされている活性酸素を消してくれる抗酸化作用も優れているんです!

アンチエイジングぅ!

大麦若葉の栄養

タンパク質、ビタミンA、ビタミンB、ビタミンC、カリウム、カルシウム、カロチン、

マグネシウム、マンガン、亜鉛、食物繊維、葉緑素(クロロフィル)、SOD酵素

健康・美容にとって有効な成分がたっくさん含まれてます!

ビタミンC → ホウレン草の約5倍

カルシウム → 牛乳の約10倍

マグネシウム → ホウレン草の約3倍

カリウム → キャベツの約40倍

食物繊維 → サツマ芋の約50倍

ビタミンA・ビタミンB群も一般的な野菜と比較して多く

含まれる優秀な健康野菜の1つなんですっ

安心へのこだわり

九州産大麦若葉を100%使用!

九州産大麦若葉の中でもエキスがたっぷり絞れる、大麦若葉の原種に近い希少な品種

使用しています。

朝摘み大麦若葉を使用していて、種づくりも丁寧に大切に維持管理して職人のこだわりと技によって育てられています!

農薬不使用で、保存料・着色料・香料・甘味料無添加なのも嬉しいポイントですっ!!

非加熱製法

この青汁の一番のこだわりは、加熱せず製造している

「非加熱製法」だということです!

普通の青汁は「加熱」してあるために、酵素が失われているんです。

どうして酵素をとりいれることが大事かということは、先ほどの人参ジュースの記事に書いてあるのでよかったら見てください!

▼参照記事

アトピーさんの食事療法を応援!!スロージューサーで作った人参ジュースがおすすめな理由!!

体の中に取り込んだものを消化したり、エネルギーに変えたりという大きな役割を担うのが
酵素なんです!

酵素には体内で作られる潜在酵素と、食べ物に含まれる食物酵素があります。
潜在酵素は年齢によって1年間に作られる量が決まっているんです!

20代を100%とすると40代は50%と年齢を重ねるごとに減っていってしまいます。。

それを補うのが食べ物に含まれている食物酵素なんです!!

引用 医療生協さいたま

酵素が足りない

→代謝の低下(血流が悪くなり脂肪燃焼力が弱まる)

→腸内環境の悪化(未消化の食べ物が蓄積して悪玉菌が増加)

→免疫力の低下(外部ウイルスに対する防御力が弱まる)

→疲れやすい・身体がむくむ・風邪をひきやすい・太りやすい・冷え性

便秘・肌あれ

40代になると酵素が激減してしまうのは困ります!

タマニャコもアラフォーに足を踏み入れようとしていますので、なんとか酵素不足を食い止めていつまでも若々しくいたいです!!

食物酵素を積極的に摂りたいです!

もちろん食事からが基本なのは当たり前ですが、バタバタしていて今日は食事バランスがいまいち・・と思うときなどに、非加熱製法の青汁で酵素をとりいれるようにしています。

生絞り製法

野菜の栄養素や酵素は細胞膜によって守られているので栄養の吸収性が悪いんです。

生絞り製法は、何度も細かく擦り絞っているから栄養の吸収を妨げる「細胞壁」をしっかりと

破壊!!

栄養吸収性がバツグンだから”生絞り”がおすすめなんです。

吸収性の良さはいつも飲んでる生絞りのコールドプレス人参ジュースに求めていることなので、細胞壁を破壊して吸収しやすいようにしてくれているのはすごく嬉しいです!

乳酸菌150億個

青汁1杯あたり、150億個の乳酸菌が配合されています!

これはヨーグルト15個分の乳酸菌です。

腸内環境を整えることは、確実に美肌につながるので嬉しいです!

タマニャコはヨーグルトは食べない派なので、乳酸菌がとれるのは嬉しいです。

でもやっぱり食事からとることが基本なのは変わりないんですけどね!

乳酸発酵させた食べ物といえばぬか漬けです!

参考記事▼

ぬか漬け初心者にオススメ!みたけの発酵ぬかどこが簡単すぎる!アトピー・アレルギーの方必見!

腸内環境が悪玉菌優位になってしまうと、有害物質が多く発生してこれが血液に乗って

全身を駆け巡ります・・。

そうすると炎症を起こしてアトピーや肌荒れを引き起こす原因となります。

美肌を目指すなら、腸内環境を整えて善玉菌優位の腸内にすることが必須です!!

コラーゲン

残念ながら、年齢を重ねるとコラーゲンも激減してしまうんです。あぁ・・。

しかーし!コラーゲンって体の中で生み出すことができるんです!

そのためには栄養バランスのとれた食事を心がけることはもちろん大事なんですが、

「極濃 青汁」はコラーゲンが含まれるだけではなくて、
数十種類の生きた酵素や栄養素が体の中のコラーゲンを生み出す体作りをサポート
してくれるんです!

どうか減りゆくコラーゲンを作ってください・・・神様仏様!青汁様!

難消化デキストリン

難消化デキストリンとはトウモロコシのデンプンから作られる食物繊維の一種です。

・食後の血糖値の上昇を抑える

・内臓脂肪を減少させる

・腸内環境を整えて便秘を解消する

・ミネラルの吸収力が高まる

などの効果があります!

米国FDA(食品医薬品局)は1日の摂取量の上限値を明確に定める必要がないほど、

安全な食品素材であると認めています!

また、数多くの特定保健用食品(トクホ)に添加されているんです。

いいね!

国産野菜22種

オクラ、キャベツ、ケール、ニンジン、カボチャ、ゴボウ、サトイモ、
紫イモ、シイタケ、ブロッコリー、アシタバ、アスパラガス、枝豆(大豆)、コマツナ、
セロリ、ダイコン、ダイコン葉、タマネギ、パセリ、ホウレン草、レモン、レンコン

が入っています。

青汁で野菜不足を解消!とは思っていないのですが、

今日は一日野菜とれなさそうだぁ~って日は飲むとなんか安心します(笑)

残念ながら、コンビニやスーパーで売っているサラダやお惣菜からは

ミネラルが全くとれないという事実を知りました。

今まで、バランスを考えてサラダとか買ってた自分がバカバカしくなりました・・。

参考記事▼

中戸川 貢先生による 「知られざる栄養不足・添加物の実態!!」~現代の食事の問題点~ 

極濃青汁は粉のスティックタイプなので、外出先でも水さえ手に入れば手軽に栄養補給できるのは嬉しいです

注文!飲んでみた感想!

佐川急便で届きました。とってもスムーズ。

お礼のお手紙も一緒にはいっていました!

ワクワク♪

作り方は、100CCの量ので溶かして飲みます!

くれぐれもお湯では溶かさないでくださいね。

せっかくの酵素が死んでしまいます。

酵素を感じるために、シェイカーで振ってみました!

見事に泡立ちました!

今まで飲んだことある青汁で泡立つ青汁は初めてです。

ぶくぶく

・・・酵素が効いてるぅぅ!と特に実感はできないのですが、
なんか嬉しいです ・・

「極濃」というだけあって、苦くてドロっとしたイメージがあったのですが、

うす甘くて濃いお茶のような感じ。ゴクゴク飲めちゃいました!

すごくおいしいか!と言われれば美容のためなら飲むといった感じではありますが(笑)

でも決して飲みにくくなかったです!

大麦若葉を原料にした青汁は抹茶のようで飲みやすいです。

基本、忙しい時の支えという扱いではあるのですが、なぜか人参ジュースを作った際に

入れてみたくなり入れてみました。w酵素ジュースや!!

なんか知らないけど激ウマでした(笑)

色悪い・・(笑)



他の青汁と比べてみた

今回、青汁を購入するにあたって青汁を調べまくりました!

非加熱の青汁ってほぼないんですよね。

だいたい加熱されて、酵素活性がされてない青汁ばっかりなんです。

そして、食品添加物や、糖類が原材料の1番最初にきているものなどは

やめた方がいいと思いますので、そのような青汁は候補からどんどん外しました。

①en Natural  グリーンスムージー

実家にあったものですが、青汁とはちょっと違うかな。

グリーンスムージーのようです。

酵素MIXとありますが、原材料を見てみると、含蜜糖が多く含まれているようです。

これは砂糖です。

それに、油脂、増粘剤、香料、酸味料なども入っています。

体にいれたくない成分も多く入っているので候補から外します。

②スーパーフルーツ青汁

フルーツ系の青汁は要注意です。

この商品も還元麦芽糖とういう糖類がいっぱい入っています・・。

しかも人工甘味料のアスパルテームやらスクラロースも!

健康食品にこういうの使っていいんですか・・?

③ヤクルトのケール&フルーツスムージー

こちらも、ぶどう糖や果糖などの糖類が入ってます。

保存料・着色料 無添加!と書かれてはいますが、

人工甘味料のスクラロース入ってますね・・・。

④金の青汁

乳酸菌200億個!酵素!

今回紹介した「極濃青汁」と同じコンセプト!

農薬不使用で、残留農薬や放射能検査もきちんとしているようです!

かなり安全にもこだわっているようなのですばらしいですが、

還元麦芽糖や黒糖などの糖類が入っています。

できるだけ糖類をとりたくないと思ってるので、候補から外しました。

⑤山本漢方 大麦若葉

原材料は大麦若葉のみっ!

シンプルでいいですね(笑)

ただ、「無農薬」などの表示がどこにもないんですよね~

どうなんだろう・・?

書いてないってことは無農薬栽培ではないのかなって思います。

それと、「非加熱」の文字もないので、加熱されたタイプの青汁だと思います。

今回は「酵素」をとりたいと思っていたので候補から外しました。

⑥Yakult  私の青汁

こちらは、大麦若葉、水溶性食物繊維、デキストリンが原材料になっています。

農薬・化学肥料不使用です♪

香料・保存料・着色料も無添加ですね!

ただこちらも「非加熱」ではないですので、今回候補から外しました。

以上です!また調べたらどんどん追記していきますねっ!!

極濃青汁の最安値

amazon、楽天、公式サイトを比較しました!

【amazon】

4,298円 (Prime)

【楽天】

公式サイトが出店していますので、販売店は公式サイトと同じになります!

健康食品ランキング第一位!!を獲得しています!(2019年1月)

【公式販売サイト】

初回価格65%OFF!(定期お届けコース)

1390円(送料無料)

定期コースだけの4大特典付き!

①2回目以降通常価格よりも10%お得(単品購入より断然お得)

②毎回送料無料(定期購入なら2回目以降もずっと送料無料)

③好きなタイミングでお届け(お届け時期の変更もメールでOK)

④お休み・解約はいつでもご自由に(3回以上お届け以降)

★参考★
3回目以降での定期購入解約の場合、お支払総額は8,554円(税抜)
(1回目 1,390円、2回目3,582円、3回目3,582円) 毎回,送料無料!

まずは1箱試してみる!って方は

3680円(送料無料)



まとめ

正直いってすぐに青汁の効果を感じるということはないです。

基本お野菜ですからね♪
でも日々の食生活を支えてくれる強い味方だと思って飲むことにしました♪

タマニャコはアトピーを完治させるためにアトピー・アレルギー完治のための食事療法
行っているのですが、アトピーがどんどん治ってきて顔の肌も以前よりうんと綺麗になりました。
目の下にできていたクマも消えて、くすんでいた顔もずいぶん明るくなりました!

はっきりいって全く違います!

これも毎日の食事を気を付けてきたおかげだと思ってます。
これからも食事・生活習慣には気をつけて、青汁でサポートしてもらいたいです

酵素サプリなども色々と出てはいますが、青汁はサプリとは違って特定な成分だけに偏ることなく、様々な栄養素を原材料の野菜から摂れるところが自然でいいなって思ってます♪

これから、食事や生活習慣によってどんどんお肌の差ができてくると思います。

アラフォー、アラフィフの皆さま!共に戦おうではありませんか!

青汁選びのご参考になれば嬉しいです!それではまた!

【酵素が生きてる!】の極濃青汁! 乳酸菌150億個入り

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする