気血免疫療法のアトピー治療2回目!血流と自律神経の力ってすごい!!

こんにちは~タマニャコです!

本日も大変お世話になりました・・

今日はお母さんと一緒に気血免疫療法(VE&VI治療院)の治療の2回目に行ってきました~!!

1回目の記事を見てない方は、まずはそちらからご覧ください!

そして、福田ー安保理論がどんなものかぜひ知ってください!!

参考記事▼

気血免疫療法(VE&VI治療院)の治療を受けてきた!潰瘍性大腸炎からの皮膚湿疹(アトピー)!

治療内容は1回目とほぼ同じなので1回目を見てくださいね!

※母の希望で写真は治ってからのせてほしいとのことですので、治ったら写真を追記していきまーす★

VE&VI治療院2回目どやった?

先生との会話の様子

今回もなるりえ先生のプレミアムコース♪♪いやぁ~よかったです!

まず治療院についた時の先生の一言目。

引用 VE&VI治療院

先生「顔っっ!!!!!全然違うじゃんっ!!!!!!!」

他のスタッフの方たちも、「本当だ!!全然違う!!」

これはお世辞とかそんなものではなく、本当に違うんです(笑)

先週きたときは、とにかく顔がまっかかでおさるさんみたいで、鼻の下とかも動かせないぐらいガビガビでひきつっていて、目もはれぼったかったんですが・・

顔はところどころに赤みがうっすら残ってはいるけど、比べ物にならないほど気にならなくなってる。

胸のあたりはまだ真っ赤なんですが、腕の皮膚炎は色がうすくなってボワ~ンと広がってきている。

お母さんは心配性なので「湿疹が広がってきている気がするんだけど!!??」

って焦ってたけど、先生が見てもタマニャコから見てもよくなってるとしか思えない。

腕のところは、前はもっと濃い色の丸いのがボーン!って何箇所かあったんですがそれが

腕全体に広がってきたって感じです。そしてジュクジュクからカサカサしてきている。

その丸いのの中に小さい固いツブツブがいっぱいあったのだけど、(固いツブツブはまだまだの状態らしい)それがなくなってうすく広がってきてるからよくなってるんだそうだ。

(全てが同じ経過をたどるわけではないですが。)

うん!いい兆候!!!

そして本当に心配性なお母さま。

「足とか手にも新しいところにもブツブツ湿疹ができ始めてるんです。。。。(涙)!!!!悪化してるのかも・・!!」

先生「下りてきてるから大丈夫!!これからもう少し足や手にもできてくるかもしれないけど、手や足から最後はぬけていくよ!」

なるほどぉ~顔からよくなってだんだんさがってきたのかっ!!

母が言うには、顔が赤くなったり、白くなったり、いい時と悪い時があるらしいのですが、

先生いわく症状が動いていることが大事で、その場合根が浅く治りやすいんだと。

全く何も変化がなく、症状にまったく変化がない方がよっぽど根が深いんだそうだ・・・。

勉強になるなぁ。

そして、頭や首もしっかりとコリをほぐす。

神経にアプローチしているそうです!

首には迷走神経という神経が走っていて、胃や腸などの働きに関係もしているんです。

神経が圧迫されると、自律神経のバランスも崩れることになるため、頭痛やイライラや不安感、不眠、倦怠感などあらゆる不調の原因にもなってしまうそうです。

神経が緊張していると、免疫が発動しないのだとか!!

先生は神経が癒着してしまっている様子とかを頭の中で映像みたいな感じで想像できるらしいですっ!(笑)

やばっっ!!!!!!wwww

お弟子さん達に手技を伝授する際に・・・

先生「ここが、ジョーンってなってバーンとなる感覚を感じて!!!!!」

長島監督ばりの教え方をしたそうです(笑)!!めっちゃ笑いました。

お弟子さん達も最初はとても苦労したそうです。

そして、筋肉が硬くなってコリがありそうな箇所だけではなく、ぶにゅっとぐにゅっとした箇所の奥には、実は”悪い核”があったりするそう。

ぶにゅっとした場所は肌が張る力もないということらしい。

(なるほど~!!タマニャコメモをとりまくる)

今日もお灸をたっくさんしました!!とくに、胸と背中の赤く湿疹がでている箇所にも重点的においていました。あと足にもたくさん。

とにかく体に熱をいれている印象。

熱をいれると皮膚が赤くなるんですが、それって白血球の色なんですって。

知らなかった・・・(笑)

お灸で集めたリンパ球の多い、いい白血球たちをオイルマッサージで湿疹がでているところに流してあげる感覚です。

いい血を全体に広げてあげる感じです!!!

背中の湿疹がさっきよりも一段とうすくなってる・・・・すごいっ!!

免疫ってすごいっ!!!(涙)

ちなみに、皮膚の湿疹とかで赤くなってるところは、顆粒球の多い悪い(?)白血球が集まっているそうです。

・・・・おもしろい。

母の背中の湿疹はちょうど、「肝臓」が位置する場所だそうです。

肝臓は体の代謝(栄養素を体が利用しやすい形に分解・合成する働き)や

解毒(必要以上にアルコールや薬物などを摂取すると解毒作用がおいつかず負担をかける)

行う臓器。

母は潰瘍性大腸炎の薬も飲んできましたし、きっと風邪をひいたら風邪薬を飲んでいただろうし、花粉の時期になったら耳鼻科に行って抗アレルギー剤を飲んでいたと思います。

皮膚が荒れた時は皮膚科に行ってステロイドぬってました。

今まで本当に薬に頼って生きてきたんです。(今の日本社会がそうですもんね)

その今までの積み重なった薬のツケが肝臓にでてきている。

そしてその直近の肌から排出したがっている。

そこの部分を先生が磁気棒でゴリゴリ流すと、お母さんは「痛いぃぃぃ~・・・うぅぅぅ~」

といっていました。

痛くていやだという感覚ではなく、ここがよくなればよくなる予感がするような

痛いけど心地いい。

という感じだったそうです。

前回よりも痛がっている様子だったのですが、それはとてもいい反応で、体の緊張やコリがほぐされ体がいい意味で敏感に反応できるようになったからだそうです。

奥底にいた悪い部分が表にでてきやすくなった状態なのですねっ!

この状況で、医者からみたら「肝臓の数値が悪い!肝臓の機能が下がっている!」

って言うかもしれません・・。今は排毒中。

肝臓の数値は一時的に悪くなってあたりまえだそうです。

オカルトだって思いますかね?

もうね、タマニャコどっちがオカルトじゃい!!!!って思うわけですよ。

治したがっている体の治癒反応を薬で抑えつけて、治った~!!って。

いやいいやいや・・・病気を体の奥底に無理やりひっこめただけだからっ!!

全然治ってないから・・。

それこそオカルトやんっっ!!!こわっ!!

・・とりみだしました。

毒素を肌から排出させなくできる?

タマニャコね、ずっと気になってたことがあるんですよ。

タマニャコは「毒をできる限り入れないことも大事だし、毒を排出できることも大事!!」

ってこのブログで発信してきているわけですが、排出場所って肌じゃなくてもいいですよね?

「1回外食しただけで、指がきれたり、ジュクジュクしてきちゃった・・。

悪いもの食べたからだ・・。私は一生、友達とお酒のんだりたまにはハメをはずしたりとかできないのかな??」

「昨日、甘いもの食べちゃったからだ・・。悪いことしたからだ。」

そんな不自由な思いをしてる方はいませんか?生きにくいですよね。

その状況でアトピー完治とは言えないかもしれません。

先生にその質問をぶつけました!!

アトピーさんは、アトピーが治ったあともいつも毒におびえなが暮らしていかなければならないのですか??

引用 VE&VI治療院

先生「いい質問だねっ!!」

先生は、「毒も栄養」だと言いました。

毒も栄養!?

毒をもこなせる能力が必要!!

以前に、肝臓がんの人がいて、今までの食事を改めてすっごく綺麗な食事をして

肝臓がんが治った人がいたそうだ。

しかし・・お祝いにと焼肉を食べたら、まさかの肝臓がん復活・・・。

衝撃ですよね・・・。

アトピーさんも同じで、綺麗な食事や有酸素運動したりして生活習慣を改善して

アトピーを克服した方も多いと思います。(タマニャコもそうです)

ただ、その弱い力だけでアトピーを治してしまうと(もちろん食事や運動の生活習慣の改善は基本です!大事です!それありきです!)

聖人君子のようなまったく毒の無い(?)弱い人間になってしまうこともあるのだとか。

うまく伝わるかな・・??

毒をさけまくれば、行きつくところは森で暮らすということになりますよね?w

でも、この毒だらけの現代社会を生き抜くためには、繊細すぎる体ではなくて、

ちょっと悪いことしても耐えられる体作りも必要だといいます。

ある程度体にも負荷をかけてあげることが大事だそうだ。

それは、先生の磁気棒を使ったドラスティックな治療ももちろんそうだと思うのですが、

自分で行うことができるものといえば、筋トレとかカッサなどでゴリゴリと血流を流したりとか。

福田稔さんも乾布摩擦もおすすめだと言っていますよね!

そういった刺激や体にいい意味での負荷?ストレス?もどんどん利用していくべきだそうだ。

毒を活かす 毒に耐えられる幅を広げる

もうね。めっちゃくちゃ勉強になりました。

ちょっと悪いもの食べたり、悪い事したら、肌から排出してしまうその体質だって変えられるってことですよねっ!!!!

もちろん毒が過ぎたら病気になるわけですけどね。

メンテナンスは怠らない。大事なことです。

しっかりと免疫を発動させてあげれば、ちょっとやそっとの毒や天候、季節の変わり目の大悪化だって防げる。

先生が私の足の甲を見て、「足の甲の色、まだあともうひと踏ん張り毒ができってないね!」と。

最近、足の指の付け根に湿疹ができはじめてしまったんです。とお話ししたら

「その場所にお灸して熱を入れてあげて、血流流して瘀血を解消すればすぐに治るよ!」

と教えて下さいました。

最近ちょっと外食したからかな・・何か悪い食べ物食べたらこうやって肌から出ちゃうのは変わらないのかもしれない・・。

って思ってたんです。

タマニャコ自身も自分で自分の限界を作っていたんです!

先生いわく、できっていない毒を出し切って、免疫を最大限発動させられる体作りをすれば、肌の質は今よりワントーンもツートーンも上がって、後光が差したようにキラキラ輝くわよっ!!!

ぬぉぉぉぉーーーーーーーーー!!!!!

もっともっと、綺麗な肌、強い体、ちょっとやそっとの毒に負けない力をつけることってできるのです!!

自分の体には「免疫」というすんごいパワーが備わってます。

まだ発動させてないだけです。

その世界を知らないだけかもしれません。

自分で自分の限界きめてないですか????

アトピーは一生治らないものだって思ってませんか?

それはあなたが思いこんでいるだけかもしれません!

参考記事▼

アトピーが治る人、治らない人、治りたくない人・・!?

タマニャコは絶対に治るってさらに自信をつけたのでした。

また来週お母さんと行くのでシェアしますね~!!

参考になれば嬉しく思います!

それではまた!

タマニャコがアトピーを思いっきり改善させた食事法です▼(食事法はVE&VI治療院とは関係ありません★)

アトピー・アレルギー完治のための食事療法

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする