アトピーもがんも瘀血が根本原因。すべては血液を浄化する反応!

こんにちは~タマニャコです!

タマニャコはアトピー治療において自律神経のバランスというものがとても大事だと

考えています!

参考記事▼

【アトピー治療】免疫を高めてアトピーを治す!~福田ー安保理論と気血免疫療法について~

そして自律神経を乱す血流の滞りは、瘀血を生み出します。

今日は安保徹先生と石原結實先生と福田稔先生のコラボの著書を読んだのでシェアしたいと思います~!

このお三方の本は結構読んでるので内容はどの本もほとんど同じなんですけどね!

瘀血はアトピーの原因です。

非常識の医学書を読んで

湿疹は血液を浄化する反応 石原結實先生

まず、すべての病気の根本原因は瘀血であるというのが東洋医学の根幹です。

瘀血(おけつ)とは、伝統中医学において、うっ血や血行障害など、血の流れの滞りまたはそれによって起きる様々な症状や疾病を指す言葉である。

この前駆状態は血瘀と呼ばれる。

引用 wikipedia

体は、瘀血を浄化しようと様々な反応をします!

本来排泄されるべきものが冷えや血流の滞りによって排泄がうまくいかなかったり、

排泄よりも蓄積が早い場合、汚れはどんどんたまっていきます・・。

血液が汚れると・・皮膚の排泄機能を使って外の老廃物を出そうとします。

それが発疹!!

蕁麻疹や湿疹、乾癬、アトピーなどもすべて体外に出された老廃物や侵入した異物や

余分な水分です。

肝臓や腎臓などで解毒ができないと老廃物・有害物が解毒できないために皮膚からそれらが

排出されているわけです。

体内の余分な水分や血液の汚れを皮膚から排出しようとする生理現象!!

それにも関わらず、薬で皮膚からの発疹を止めるということは・・・

外へ出ようとする老廃物を体内に閉じ込めるようなもの・・・

つまり・・・

おしっこやうんちをとめるようなもの!!!
いやぁ~この考え方ってめっちゃ重要だと思うんですよね。。
病院では薬で症状抑えることしますけど・・
やばいですよね??
おしっことうんちとめたらやばいですよね・・!!!!???
治療の対象とすべきは皮膚ではなく体内の汚れなわけです!!ねん!!

血液の発疹で外に出せない人、高齢者、体力がない人、薬で抑えている人など

は次に体が起こすのは炎症なんです。。

瘀血を放置すると・・いずれどんな病気を引き起こしてしまうのでしょうか。

血液の汚れで病気が進行するプロセス

第1段階  発疹

皮膚には汗腺から汗、皮脂腺からは皮脂などの老廃物を体外に排出する機能があります。

血液が汚れれるとこの皮膚の排泄機能を使って体外に老廃物を

出そうとします!

このときに起こるの肌のトラブルが発疹です。

アトピー、蕁麻疹、乾癬とかいろんな皮膚の症状のことですね。

第2段階  炎症

血液の汚れを体外に排出できない場合は(免疫力の低い高齢者や体力のない人、薬で抑えてしまっている人)次に起こすのが炎症です!

肺炎、気管支炎、膀胱炎、胆嚢炎など・・

ばい菌の力を借りて炎症を起こし、老廃物を燃焼しようとします!

炎症の伴って発熱と食欲不振も起こる

第3段階  動脈硬化

発疹や炎症でも血液の汚れを体外に排出できない場合(化学薬品で無理に抑えようとすれば)

血管内壁に汚れを沈着させてでも血液の浄化をしようとする。

これが動脈硬化。

それでも浄化できないときは血液の汚れを固めて血栓をつくる。

第4段階  がん

血液の汚れがいつまでたっても改善されないと、血液の最終的な浄化作用として

汚れを体の1か所にまとめて腫瘍を作り、腫瘍から出血させて汚れた血液を体外に排出しようとする。

最終的な血液浄化法ががんです。

「がんも血液の汚れの浄化装置である」との説を森下敬一医学博士が何十年も前に唱えていますが、東洋医学的にみると肯定できる理論だそうです。

血痰、吐血、血尿、下血、不正出血なども全部腫瘍から血液を排泄するためなのです。

瘀血の症状

血液を汚す原因は体内で発生さた老廃物や余剰物、侵入した異物なわけです。

本来は排泄されるべきものが血流の滞りや冷えによって排泄がうまくいかなかったり、

排泄よりも蓄積が早い場合、汚れがどんどんたまっていきます・・・。

瘀血を知らせる症状が身体の色々な部分にでてきます。

体が冷えて血流が悪くなると血液が滞留し、表面の毛細血管が拡張してくる
→赤ら顔、目の下のクマ

さらに血液が汚れると、よごれた血を体外に捨てて体内を浄化しようとする
→鼻血、歯茎の出血、痔、不正出血

ちなみに女性は毎月月経があります。

月経は自然の瀉血(血を抜いて瘀血を解消させる治療法)、

汚れた血液を抜いているのと同じです!

28日周期で1年間に13回、月経の期間が6日と考えると、年間約80日。
35年で2800日
1年365日で計算すると・・・

約7年間月経によって汚れた血液を浄化しています!

平均寿命
男性79歳
女性86歳

7歳の平均寿命の差になります!!

ストレス、喫煙、飲酒など、血液の汚しやすい過酷な環境におかれている男性こそ特に

瘀血対策を考慮していかなければならないです!

福田ー安保理論では、自律神経の乱れに伴う血流障害は、副交感神経が優位で起こるもので、血管が開きすぎて収縮しきれないために血液がよどみ、うっ血するとされています。

参考記事▼

【アトピー治療】免疫を高めてアトピーを治す!~福田ー安保理論と気血免疫療法について~

血流が低下し、外から侵入してきた花粉やダニなどの異種タンパク、化学物質が体内に停滞します。

アトピーは体がそうした毒素をなんとか排出しようとする反応です。

皮膚から排出  → 皮膚炎

呼吸器から排出 → ぜんそく、くしゃみ、鼻水

血流障害を解消して、自律神経のバランスを整え、内臓を正しく機能させること、体をしっかりと温め、汚れた血液を浄化・排泄すること

このことが瘀血を解消させる方法なわけです。

アトピーもがんも瘀血を解消するべし。。うむ!

タマニャコの独り言

瘀血を放置すると・・

発疹、炎症、動脈硬化、がん・・・・にもなりうるか。

いつだって体はSOSをだしているんです。

血液を浄化させたいよ~・・治りたいよ~

それを見えないように薬で蓋をしてしまってはどうでしょうか。

一見治ったようにみえるかもしれません。

しかし根本原因はそのまま、体は悲鳴をあげています。

病気のチェーンはとまりません・・。

2人に1人ががんになる時代で、アトピー・アレルギー・うつ・腸疾患・不妊・自己免疫疾患などたくっさんの病気が蔓延しているのはなぜでしょうか。

西洋医学は診断技術と救急医療には長けていますが、慢性疾患や予防医学には無力です。

どうか自分の体と本当に意味で向き合って下さい。

体の声を聞いてあげてください。

アトピーの原因は様々だと言われていて、ダニ、カビ、花粉、食べ物、大気汚染、化学物質など様々なものがアレルゲンになると言われています。

反応するものは人それぞれで、だから100人いたら100通りの治した方があると言われるのでしょうか。

もちろんできるだけ体の毒となるものを体に入れないことは大事。

毒が過ぎたら血は汚れ、病気になる。

ただ!ただですよ!ちょっと白砂糖とったら、肌から排出~!

って正直厳しいですよね。一生毒を避け続けなければならんのか!!と。

季節の変わり目に大悪化・・・とか。

タマニャコもダニにすごいアレルギーをもってるのですが、当時は母がごっつい掃除機とか

ダニ用布団買って色々と対策をしてくれました。

もちろんそういったことも必要かもしれません。

ただ、本当に改善すべき場所は、極度に反応してしまう体の方なんです。

今は特にこれといってダニ対策してませんが問題ないです。
(ちゃんと掃除はしたほうがいいです・・ww)

まああまりにもほこりたっぷりのところに行くとブツブツ出たり、鼻水でたりするので・・

体がどうにか外に排出してくれようとしてるのがわかります。

タマニャコ母が福田稔先生の娘さんがやっている治療院で皮膚疾患を治療中です。

参考記事▼
気血免疫療法(VE&VI治療院)の治療を受けてきた!潰瘍性大腸炎からの皮膚湿疹!

なるりえ先生が「毒をもこなせる能力」が必要だとおっしゃっていました。

多少の毒にも負けない体作りをすること!

がんにはなりたくないけど、アトピーだっていやですよね。こりごりですよね。

タマニャコも今まで貨幣状湿疹とか、アトピーとか掌蹠膿疱症などいつも肌から出してきた
タイプなわけですが・・当時は根本原因が体の中の話だとは到底思ってなかったです・・。

だから薬ぬってやりすごしてきたわけですが。

中学生時代、貨幣状湿疹がひどかった時に、薬ぬってそのうち治ったー!って思ってたけど

根本的になにもかわってなかった。

だから大人になってまたまたアトピーやらなんやら噴き出したんだなって。

今となってはあの時症状を中におしこんだだけだったんだなって。

今になってようやく本当に大切なことに気が付いたんです。

あなたの瘀血の原因は何でしょうか?

食事、運動不足、血流の滞り・・そしてストレスも血を汚します。

過剰なストレスは血管の収縮を起こし、血流障害を起こします。

慢性的に使われる薬も体を冷やし、血流を阻害します。

安保さんは本の中でこんなことを言っています

「自分は抗がん剤も飲んだし、手術や放射線治療も受けたので、もう手遅れですか」という患者さんもいます。

そうすると、私は「ちょっとくらい間違えたっていいんですよ、しっかり間違えたほうが目が覚めるから」と話しています。

すべての病気はもとの元気な体にもどろうとする現象なので、どんな病気も薬をやめて生き方を変えればいいだけです。

アトピーもがんも治した方は同じ。

結局いきつくところは、「自分の免疫力」であり、自分自身です。

そのことに本当の意味で気がついたら、おのずと進む方向は見えてくると思います。

どうか身体の声を聞いてあげてください。

いつだって身体は治りたがってます。

それではまた!

参考記事▼

【アトピー治療】血流をよくしてアトピーを改善する方法とは!!?

アトピー・アレルギー完治のための食事療法

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする