【アトピー・抜け毛対策】毛細血管は「腸活」で強くなる!?おすすめの最強食品とは?

こんにちは~タマニャコです!

アトピー改善やその他肌トラブル(シミ・シワ・たるみ・ニキビ)、薄毛・抜け毛・脱毛、

そしてアンチエイジング!!

これらを叶えるためには、タマニャコは腸内環境血管の健康がも~それはめちゃくちゃ大事だと思ってる次第です。

腸活といえば藤田紘一郎先生ですが、「アンチエイジングの切り札!毛細血管は「腸活」で

強くなる」という本が発売されたのでさっそくお取り寄せ~!


毛細血管は「腸活」で強くなる – アンチエイジングの切り札! – (ワニブックスPLUS新書)

アトピーを改善させたい
シミ・シワ・たるみなどの肌トラブルを改善させたい
抜け毛・薄毛・脱毛を改善させたい
最強のアンチエイジング方法を知りたい
上記の悩みにおすすめな食品を知りたい
って方に読んでもらいたいでぇ~す!
体は本当におもしろいぐらいに繋がっているので、腸内環境と毛細血管の深~い関係を見ながら知っていきましょう!
アンチエイジング・・・うへへ。

毛細血管は「腸活」で強くなる

「腸もれ」「毛細血管もれ」の2つを起こしてはいけない!

「皮膚は内臓を移す鏡」とよく言われるように、身体の中の状態は、皮膚や髪などに如実に現れます!

体内のゴミ出しがうまくいっていないと、皮膚や髪の老化として現れるんです・・。

(ちまたでは色々な保湿剤や化粧水や美容液やアンチエイジング用品であふれかえってますけど・・とりあえずムシ・・。)

その原因の1つが「腸もれ」でもう1つが「毛細血管もれ」です。

これらを治さない限り、アトピー・薄毛(脱毛)・アンチエイジングは叶わないと思ってます。

これらについては以前記事にしているのでこちらをご覧ください!

参考記事▼

【口コミ】「腸もれ」があなたを壊す!~腸もれを治してアトピーが改善した!~

アトピーの原因は本当に胃腸・腎臓?毛細血管を鍛えれば全身の細胞がよみがえる!?効果的な食品とは!?

簡単に言うと、腸もれとは腸壁の粘膜の目に見えないほどの小さな穴があいて腸内細菌や

未消化の栄養素、毒素、腐敗物やガスなどを体の中に漏れ出せてしまう状態のことです。

引用 腸もれがあなたを壊す

結果、体内のあちこちで炎症を起こしアトピー・薄毛(脱毛)などの原因になります。

しかも・・その中には本来大便の一部になって外に排出されるはずの腐敗物が血管を通じて体内をめぐることになるわけです・・・。

もう1つが「毛細血管もれ」

血液には、酸素と栄養素を運ぶ一方で身体にたまったゴミを回収する働きがあります。

ところが毛細血管を築く細胞の密着がゆるんでしまうとゴミの回収がうまくいかずに体内に蓄積してしまうのです。

その結果が・・・これも「炎症」ですね。

体内の不要なタンパク質、毒素、腐敗物は免疫システムにとって異物です!!

これを排除しようと免疫は攻撃をしかけます。

炎症はジワジワと広がり、アトピーや肌荒れ、薄毛(脱毛)などの老化現象を引き起こすのです。

アトピーもシワもハゲも体内で炎症を起こしているということなんですっ!!!!

逆に言えば、腸もれ&毛細血管もれを治してゴミを除き炎症を抑えれば、

十分な栄養と酸素がお肌や頭皮に届けられて、お肌ツルツル&髪の毛フサフサになれるということ!

タマニャコがいつもアンチエイジング・・アンチエイジング・・と言っているのには理由があります。

それは見た目年齢が若いということは、体内の炎症が極めて少なく、健康で長生きできるということなんです!!(涙)

見た目が若いって・・すごいことなんですよぉ!

だから、アンチエイジングしよぉ~「腸もれ&毛細血管もれ」意識しよぉ~(涙)

人生100年と言われるこの時代、最後まで健康で好きな事思いっきりやって楽しい人生送りたいですよね!!!

腸内環境と毛細血管の関係

では、腸内環境と毛細血管にどのような関係があるか見ていきましょう(本題)

毛細血管もれと腸もれは老化のスピードを速める2大元凶だということがわかりました。

そしてこれらは密接に関係しあっているといいます。

腸もれを治さなければ、血管の炎症を止めることはできない!?

腸もれとは「過剰腸管透過性」という専門的な言葉で100年以上前から医学文献にしっかりと記されている事実だそうです。

腸の働きは以下の通り

◎合成・・・酵素やビタミン、ホルモン、短鎖脂肪酸を合成する

◎解毒・・・有害物質を無毒化し、処理する

◎浄血・・・きれいで質のよい血液を作り出す

◎免疫・・・人体で働く免疫力の約7割を作り出す

◎排泄・・・体内の不要物を大便にして外に出す

腸の「浄血」という働きは、健康な血液をつくることに直接つながります!

血液の役割 → 酸素と栄養の運搬、ホルモンの運搬、免疫機能、体温の調整、体液の浸透圧の維持、PHの維持、代謝物の運搬

身体はたえず生命維持と健康増進に必要な物質を作って、それらが身体のすみずみにまでめぐってこそ、若さと健康が守られるのです!

その血液の材料になるのが、今日私たちが食べたものなんですよね。

食べ物を口から取り入れる

腸で最小の成分に分解

小腸の壁を覆う上皮細胞から吸収

血液に流される(栄養成分が血液に混ざる)

肝臓を経て全身に運ばれる

つ・ま・り!

血液の質は、あなたが食べたものと腸の状態で決まる!!

結局、腸は、脳、心臓、肝臓、肺、腎臓、血管にいたるまで全てに影響を与えるということです。

やっぱり腸って本当に大事なんですね。

毛細血管の健康を考えたときにも、やっぱり要になってくる場所は腸なんですね。

毛細血管と腸を整える食事

アトピー改善、薄毛(脱毛)改善、アンチエイジングには毛細血管と腸内環境を整えることが、改めて大事だということがわかりました。

毛細血管を鍛える食事は前回、紹介しました!

参考記事▼

【レビュー】ヒハツ(ロングペッパー)を選ぶならカンボジア産!毛細血管を修復するピペリンが通常ヒハツの4.5倍!

ヒハツ、シナモン、ルイボスティー!

その中でもヒハツは今注目素材!という話でした。

そして、腸を整える食事は!?

腸内フローラのバランスを整え

腸壁のバランスを回復させる

体内で起こっている炎症を抑制する

この3つを同時に実現できる成分は「短鎖脂肪酸」です!

覚えてますか(笑)?

参考記事▼

【アトピー食事療法】食物繊維を積極的に摂ったほうしょがいい理由は「短鎖脂肪酸」にあった!

あとは多すぎる糖質を控えたり、食べ過ぎを抑えたり、食品添加物や合成保存料をとらなくしたり、不自然なほど清潔に除菌したりすることをやめたり、気を付けるポイントはたくさんあります。

骨のスープ(ボーンブロス)が腸もれに効く

その中でも、腸内環境改善にめちゃめちゃおすすめな食品があります!

藤田浩一郎先生もおすすめしていますが、タマニャコもとってもおすすめなのが

「骨のスープ(ボーンブロス)」です!!

鶏ガラや手羽先、牛骨、魚の骨などをじっくりと煮込んだスープのことを言います!

飲む美容液ともいわれるボーンブロスはニューヨークではキャラメルラテの代わりに

ボーンブロスを飲むのがヘルシーで人気だとか。


3週間で身体と心が劇的に変わる 最強「ボーンブロス(骨スープ)」食事術

専門店も結構できているそうですよ~!

骨のスープ(ボーンブロス)については改めて記事にしたいと思っています!

タマニャコ的にスーパーフードですね!

肌に必要な材料はたんぱく質ですが、腸が弱っているときに消化しきれないたんぱく質を身体にいれるのはよくないですよね。

タマニャコはアトピー・アレルギー完治のための食事療法をするにあたって、

1年間ほどお肉を食べなかったのですが、白身のお魚や骨のスープ(ボーンブロス)を利用してたんぱく質不足にならないようにしていました!

(途中迷走して、動物性たんぱく質を全くとらなくしたら知識不足もあって、疲れやすくふらふらして全く元気がでなくなった時期があります)

今はお肉は解禁して、食べ過ぎにならないようにお肉は食べてはいますが、少しでも腸に負担を感じたらお肉はやめて、骨のスープ(ボーンブロス)を飲むようにしています。

肉や魚の骨や軟骨、骨周辺の肉には良質のたんぱく質やアミノ酸がたっぷりふくまれています。

コラーゲン、プロリン、グルタミンなどです!

これらは、腸の上皮細胞や毛細血管の細胞の再生においてとってもよい材料になってくれます!!

特に、肌や頭に炎症が起きている時にぴったりのタンパク質補給だと考えています。

アトピーさんには、消化の負担になるプロテインよりも、ボーンブロスをおすすめします!

チキンのボーンブロスの場合、安全な鶏がら手羽先や手羽元などをたっぷりのお湯で根菜や

玉ねぎ、しょうが、にんにくなどと一緒にトロトロになるまで煮ます、

腸漏れを起こしている際にこの骨のスープをだいたい3~4セット続けると腸の状態や皮膚の状態がよくなってくるといいます。

タマニャコが普段飲んでいる骨のスープはこちらです!!

チキンではなくお魚です!

これが本当に優秀すぎる・・・。

実は以前にも紹介してます!

参考記事▼

【口コミ】アトピー・胃腸弱いけどタンパク質とりたい人にもおすすめの”だし&栄養スープ”!!

【原材料】

カタクチイワシ(福岡、長崎)、カツオ(鹿児島)、昆布(北海道)、原木栽培椎茸(大分)

無臭ニンニク(山口)

魚の頭からしっぽ、骨まで丸ごとに使用しながらも、脂肪分や不純物は除去することによって

酸化の心配がありません。カルシウム・マグネシウムなどの無機質も豊富に含んでいます!

真っ白い粉・・・怪しい(笑)

約10gでカタクチイワシ3~4匹分の栄養がとれるんですよ~!

タマニャコは海藻入りの藻塩を入れてミネラルたっぷりのお魚ボーンブロスを最近毎朝飲んでます~

この黄金のスープぅぅぅん。アンチエイジングぅぅぅぅん~!うひょひょ。

もはや、ただの「だし」じゃないです。

これは味もめっちゃくちゃおいしいし、最近はまた取り寄せて毎日飲んでいるんですが、

胃腸が整ってくるのがわかります。

そして腸の状態はおもしろいように肌にあらわれてきます。

本当に救世主・・。

人間の身体は、生命活動に必要なところから優先的に栄養素が送られるようにできているといいます。(命を守るシステムとして)

腸の上皮細胞や毛細血管などは生命に直結するので、優先的に栄養素が回されます!

結果的に、はだに潤いとハリがあるということは腸や毛細血管のコラーゲンが充足していることを表すのです。

だから肌をきれいにしたい!と思ったら腸や毛細血管を修復して大事にしてあげることが一番の近道!ってことですね。

腸もれが生じるとたえず多くの異物が血液中に入り込んでくるため、免疫システムは戦闘態勢の状態に固定されて、抗体がどんどんつくられ、炎症が慢性的に起こってしまうというわけです。

腸もれが起きていると、「アレルギー症状」もひどくなります。

アレルギーを起こす原因物質はタンパク質です。

タンパク質は粒子が大きく、腸が正しく働いている状態ならば腸からそのまま吸収されたりはせず、アミノ酸という最小の成分に分解されてから吸収されます。

腸の上皮細胞の連結がゆるんでいると、その小さなあなを通過できるものは通りぬけてしまいまうんです。。。

食品中のタンパク質は免疫システムにとって異物です。

免疫は抗体を作り出し、そのタンパク質が侵入してくるたびに攻撃をしかけるようになるんです。

これが食物アレルギーなんですね。

ぜひぜひボーンブロスを飲んで、腸もれ改善させて、いい血液作って、お肌プルプル&髪の毛フサフサ!

いつまでもピチピチのアンチエイジングを目指しましょ~~~!!

作る際はお肉の質に注意することかな~と思います。

抗生物質&ホルモン剤のお肉のボーンブロスとか怖いですから・・。

商品を買うときもできるだけ”質”にこだわった材料を使ってるものがいいと思います~!

ぜひ探してみて自分のお気に入りを見つけてください!

それではまた

アトピー・アレルギー完治のための食事療法


無添加 だし&栄養スープ 天然100% 500g 正規品(ペプチドリップ製法 ペプチドスープの旨味だし)【オリジナル詰め替え容器付】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする