【注意喚起】紫外線吸収剤入りの日焼け止めは危険!血液中に流れ込んでいる!

こんにちは~タマニャコです!

日焼け止めって塗っていますか?

タマニャコは塗ってないんですが、日焼け止めの、肌に蓋をして息ができなくなる感覚が

嫌で、色黒になる決意をしました・・・(笑)

普段、日差しが強いときは日傘と帽子でどうにか防いでいますが、ズボラなのであまり気にしていないっちゃ気にしていません。

(十分気にした方がいいお年頃ですがね!)

気になるメールがあとぴナビ(タマニャコが参考にしているアトピーの情報誌。情報のみを参考にさせて頂いてます。)から送られてきました。

それが、「紫外線吸収剤」入りの日焼け止めは血液中に流れこんでいる!

というニュースです。

やべーですよね(笑)

アトピーの原因の1つともいわれる皮膚バリア機能の低下がありますよね。

バリア機能を低下させる要因の1つが「紫外線」です。

皮膚の免疫は、ランゲルハンス細胞というものが司令塔の役割を担っているのですが、

紫外線はこのランゲルハンス細胞を死滅させることが分かっています!

なので紫外線対策はきちんとした方がいいのですよね。

あとぴナビの問い合わせで、アトピーの状態が悪化したきっかけが市販のUVケアアイテムを使い始めてからという方がいたそうです。

そのUVケアアイテムの使用を中断したところ状態が元に戻ったそうです!

そこで、そのUVケアアイテムの配合成分を調べたところ、アメリカですでにFDA(食品医薬品局)が問題としていることが明らかになったそうです!!

その成分が「紫外線吸収剤」です。

紫外線吸収剤が血液中に流れ込んでいる?

紫外線吸収剤とは

日焼け止めは大きく分けて、2種類あります。

「紫外線吸収剤」「紫外線散乱剤」です!

引用 ドクターシーラボ

「紫外線吸収剤」

皮膚の表面で紫外線を吸収し、化学的にエネルギーに変えて放出し紫外線が肌の内部に侵入するのを防ぐ。

紫外線防御力の高い高SPF値の製品には必ず必要となる成分

「紫外線散乱剤」

→紫外線を肌の表面で反射させることで肌への侵入を防ぐ

製品としては・・

①紫外線吸収剤のみ

②紫外線散乱剤のみ

③両方を組み合わせている

この3種類があります。

今回、血液中に流れ込んでいるとされたものが「紫外線吸収剤」を使用した

日焼け止め製品となります。

ニュースのまとめ

元のニュースはこちら▼

日焼け止めの化学物質は体内に吸収され、血液中に流れ込んでいた!

まとめると・・

●これまで、皮膚の表面にとどまり、吸収されないと考えられていた紫外線吸収剤

(紫外線防御剤)が、臨床データで血液に吸収されることが分かった

(被験者24名、全員)

●これは、過去に安全性が承認された紫外線吸収剤も多く含まれていて、

日本でも多くの市販のUVケアアイテムに使われている

●紫外線吸収剤として主に使用されている16種類を調べたところ皮膚から吸収されずに

安全性と効果が確認されたのは「酸化亜鉛」と「二酸化チタン」の2つだけ

この2つは、紫外線散乱剤(紫外線反射剤)だった

●血液中に吸収された紫外線防御剤がどのような影響を及ぼすかは、発がん性の有無、

生殖器系や内分泌系への影響など、一般的に必要な検査は今後全て行うことが求められる

・今後、こうした化学物質を使ったUVケア商品が販売禁止になる可能性がある

・特に乳幼児や幼児などの子どもについての使用は、体積に対する体表面の面積の割合が小さいため、緊急調査が求められる!

やべーです

日本国内で使われている主な紫外線吸収剤

【血液中に成分が吸収されたことが確認された紫外線吸収剤の4種類】

●アヴォベンゾン

●オキシベンゾン

●オクトクリレン

●エカムシュル(テレフタリリデンジカンフルスルホン酸)

【日本国内で使用されているその他の主な紫外線吸収剤】※五十音順

●エチルヘキシルアゾン

●オキシベンゼンー3

●オキシベンゾンー4

●オクチルトリアゾン

●加水分解シロバナルーピンタンパク

●サリチル酸エチルヘキシル

ジエチルアミノヒドロキシベンゾイル安息香酸ヘキシル(特に毒性が強い)

●低温焼成酸化亜鉛

●テレフタリリデンジカンフルスルホン酸

●ドロメトリゾールトリシロキサン

●パラメトキシ桂皮酸2-エチルヘキシル

●ビスエチルヘキシルオキシフェノールメトキシフェニルトリアジン

●ヒドロキシメトキシベンゼンフェノンスルホン酸(三水塩)

●フェニルベンズイミダゾールスルホン酸

●フェルラ酸

●ポリシリコーンー15

●メチレンビスベンゾトリアゾリルテトラメチルブチルフェノール

●メトキシケイヒ酸エチルヘキシル

●メトキシケイヒ酸オクチル

●4-tertーブチル4’-メトキシジベンゾイルメタン

●t-ブチルメトキシジベンゾイルメタン

いやぁ~全然わかんないっしょ(笑)

カタカナすぎでしょ!!!

食品みたいに、パッと見で食品添加物!ってわかればいいけど、

これが「紫外線吸収剤」!!ってぱっと見で分かったらすげえ(笑)

とにかく「紫外線吸収剤不使用」のUVケア商品を選ぶようにしましょう。

タマニャコのぼやき

ってか・・・!?めちゃめちゃ怖くないですか(笑)!?

化学物質が血液中に流れこんでるんですって・・・・。

問題なのは、「紫外線吸収剤」が身体の中に取り込まれたとき、影響が分からないということだそうです。

いやぁ~絶対影響あるっしょ(笑)

血液中に化学物質が流れ込んで大丈夫なわけないでしょ~

今までも「紫外線吸収剤」は肌の負担になると言われてはいましたが、まさか血液にとりこまれてるとは。

特にアトピーの方は皮膚バリア機能が低下した状態の場合、吸収度合も高まって影響も出やすくなることが考えられますよね。

全ての健康につながってくることですが、アトピーを改善させるためには、

綺麗な血液が体のすみずみまでいきわたることが大事でした。

参考記事▼

【アトピー治療】免疫力は血流そのもの!?血流たっぷりでアトピー改善!!

血液って人間にとって要ですよね。

血液を汚すことしていいわけないですよね・・。

紫外線の扱いって難しいですよね。

脱ステ治療のできる藤澤皮膚科のセミナーに以前行ったことがあります。

参考記事▼

藤澤重樹先生の「アトピー克服戦略」の講習会に参加したら衝撃的だった!!

【ステロイドでダメージを受けた皮膚も、日光の紫外線で皮膚炎が鎮まり早く
正常化する(時間は10~20分で十分!)

顔が日焼けしたくない人は腕とかお腹でも全然OKらしい!
ぜひワイハに行って下さいとのこと(笑)】

ということでした!少しなら紫外線も大事だということですよね!

日光浴には

・ビタミンDを生成

・免疫力UP

・幸せホルモン「セロトニン」の分泌を促す

などいい面もありますからね!

もちろん浴びすぎは注意なので、やはり対策は必要ですよね。

アトピーさんは肌に何かを塗ることはタマニャコ的にはあまりよくないと思ってるので、

アームカバーや帽子や日傘などを使うのがいいかなぁ~って思います。

ただ、日差しが強い場所に出かけたりする場合で日焼け止めを塗った方が、

紫外線の被害を最小限に抑えられる場合は「紫外線吸収剤」の入っていない

日焼け止めを使った方がいいかなあとも思います。

先日、紫外線吸収剤不使用の口紅を紹介しました。
参考記事▼
【口コミ】アトピー・敏感肌におすすめの国産コスメ!Ay×東京モード学園コラボリップ(口紅)発色抜群★

紫外線吸収剤は、UVケア商品だけではなくてファンデやコスメなどにも配合されているので
注意が必要です。

特に日焼け止めは範囲が広いのでちょっと怖いですよね~。

血液中に化学物質が入り込んでるって・・確実にアトピーも悪化させるし

いきつくところはガンなどの病気だと思いますよ。

直接的な原因にはなってないかもしれませんが、日々の積み重ねが身体をつくっているのを

実感しているので、できるだけ危険と分かったものは避けたほうがいいですよね。

知らないよりは知っていたほうがいいなぁ~って思ってます!

参考になれば嬉しいです。

それではまた

日々の食事のこと、生活習慣のこと一緒に考えていきませんか~!

アトピー・アレルギー完治のための食事療法

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 福井ひろ子 より:

    Twitterから来ました。

    いつも勉強させていただきありがとうございます。

    これからも楽しみにしています。

    • タマニャコ より:

      福井ひろ子さん

      ブログコメントありがとうございます!!
      ツイッターのあの!福井ひろ子さんですよね!!!??(笑)(*’ω’*)
      本を出版されているんですよね!すごいです~~!
      ぜひ読みたいと思ってます!!
      これからもよろしくお願いします(#^.^#)