気血免疫療法の皮膚疾患9回目治療!~体の主人はだれ??~

こんにちは~タマニャコです!

今日は母の気血免疫療法の治療9回目に同行してきました!

気血免疫療法って?という方はこちらの記事からご覧ください▼

【アトピー治療】免疫を高めてアトピーを治す!~福田ー安保理論と気血免疫療法について~

治療履歴です▼

気血免疫療法(VE&VI治療院)の治療を受けてきた!潰瘍性大腸炎からの皮膚湿疹!

本日も娘さんに大変お世話になりました・・

気血免疫療法9回目どやった?

待合室で母の準備を待つ間、なるりえ先生と他の患者様との会話が聞こえてきた。

なんでもかんでも我慢はよくない!

健康のために生きる?そうじゃなくて・・・

自分の人生楽しみたいから健康になるんじゃない!?

本当にそうだな。

以前読んだ本にも確か書いてあった。

東洋医学の「心身一如」という考え方。

心と体はつながっている

心が穏やかであれば体も健やかになり、体が健やかであれば心も健やかになる。

「何のために生きるのか」という人生のビジョンがある人ほど健康になりやすい。

より充実した人生を送る一つの手段が健康である。

ということだな。

ってことで・・1回きりの人生、絶対に楽しまなきゃ損だよな!!??

と心の中で思っていたのでした。

話がずれましたが、母の体はどんどんよくなってます!

腕のところと首はまだ少し赤みとかさつきが残っていますが、出しては捨て、出しては捨てを

繰り返してよくなっていくので、心配ないです!

治療前の腕▼ 塊がボーンってかんじだった。

9回目治療時の腕▼ 多少の赤みとカサカサになってる。

2回目治療時▼ 顔&首&胸  まっかかのおさるさんみたいになりパニック。

9回目治療時▼ 化粧ができるまでに復活  以前よりもめちゃんこ綺麗になってる。

吸い玉治療中・・・(吸い玉買ったからレビューするね!)

2回目治療時▼ 背中

9回目治療時▼ ツルリンな背中になったよ

血流ってすごくないですか!?自律神経にアプローチするってすごいです・・!!

炎症を起こしているところが悪い細胞(不良)だったとしたら、いい環境を作ってあげれば、更生してくれるんです!!

自分の身体の環境が悪くなったら、自分の子どもを殺すのか?それとも普通の子どもに戻すのか!

母の場合は、あとは細胞が生まれ変わっていくのを待つだけです。

血が生まれ変わるともいいます。

そのためにはもう少し時間がかかるそう。

治療を開始してからまだ2カ月もたってなかったんですね!

この治りの早さは正直驚いてます。免疫の数値がよかったので治りが早いですね。

ステロイドや薬を使って、自律神経を操作して炎症を抑えることを長年にわたりしてしまうと難治化してなかなか治りづらくなってしまうのです。。

腰が悪かったことが、判明し↑の写真の部分は、針を通すと

ガサガサと音がして針が抜けなくなるらしい。

これはなにか(老廃物?)が、石灰化しているんだとか。

もちろん血流も滞りそう。

そして本日、一番びっくりした事実。

骨は血についていく??!!!!

なにやら血流がよくなると、骨の歪みもよくなる・・・っぽい!!!

このことに関して、もう少しつっこんで聞きたかったんですが・・・

血流がよくなると、ストレートネックや側弯症などもよくなっていくらしい・・。

これってアトピーさんにとってめちゃめちゃすごい事実じゃないですか!?

血流よくなると骨?歪み?もよくなるんだ・・。

血と骨というのは密接な関係があるんですね・・!!

手も硬いらしい。

そしてこれからは特に食事や生活習慣が大事になってくるんです。

体の血肉になるのは食事ですからね!めちゃめちゃ大事です。

寒くなってくるので、温める食事をより意識して、胃腸の負担にならないようにちゃんと炊いた玄米や、ホールのもの(ゴマ、雑穀、豆類)などがおすすめだそう。

丸いものはものすごくエネルギーが高くて、体が強くなるんです。

土の下に入っている、人参、大根、ごぼう、ヤマイモなどもおすすめ。

葉野菜は小松菜とかの青菜を!

そして塩、味噌、醤油などはちゃんとしたいい調味料を使う!

海藻。

乾物(干し椎茸や切干大根)で出汁をとってスープにしてもいいですね!

体から老廃物をしっかりと掃除してもらって綺麗な体になった今こそ、食事が特に大事になってくるんですね!!

アトピー治療において、糖質制限をしている方もいらっしゃると思うのですが、(最近は糖質制限ブームでもありますね)

過度な糖質制限は、交感神経に入れすぎるらしいのです。

リラックスができない、ゆるむことができない。

交感神経に偏りすぎているということは、

今度は顆粒球が増えて活性酸素が増えるということです・・。

キレッキレ!ギンギン!な感じでイライラしたりすることも多くなるそうです。

思ったのは、原始時代って肉食で、闘争本能とかすごかっんだろうなって。

そういうことか。と思ってなんか妙に納得しました・・。

アトピーは副交感神経に偏りすぎた時に発症することが多いので、ステロイドも交感神経側に持っていて症状を抑えるということをしているわけですが、糖質制限も実は同じ原理なのですね。

もちろんこの食事法でピタッとはまる人もいるかもしれません。

でも、もし何年も糖質制限をしているけど治らない・・という方はもう一度考えてみたほうがいいと思います。

やはり、交感神経と副交感神経がうまくバランスをとっているということが大事ですよね。

参考記事▼

【持論】アトピーの食事療法を実践した私が考える「糖質制限食」の危険性!?

食事に関して、あまりにもギチギチにやりすぎて逆に免疫低下起している人は、

もう少し自由にしてあげてストレスを外してあげた方がいいんですね。

「おいしいマクロビのおやつでも食べておいで~!」

というと、ものすっごい心が満足していい方向に進むこともあるのだそうですよ。

何年も同じようにやってきて、思うように治ってなかったとしたらやっぱりまだまだ何かが違うんだと思うんです。(もちろん人によってかかる時間は違うのですが)

今までとは逆のことをやってみるのもいいと思うんです。

例えば、保湿や脱保湿とか。

脱保湿で成功している人を見て、同じようにやってなかなか思うような結果にならない人もいると思います。

(もちろん何で保湿するかにもよると思います。。ここが難しいとこ)

その他にも、脱風呂とか水分制限とか。断食とか。

全部、「脱」とか「制限」ですよね?

多すぎる時はぬいて、足りない時には足す。

やった方がいい時もあるし、やらない方がいい時もあるんです。

引きすぎて免疫低下起している人が本当に多いと思います。

やはり感じるって大事ですよね。

誰が身体の主人なの?ってことですね。

感じましょう!!!!

重要なのは選択と決断。

情報氾濫のこの時代に、自分が選んで実践するということ。

自分を見つめ直して自分を一度否定して、新しい自分を構築することが

とても大事。

気血免疫療法の治療は、自然治癒力のスイッチをいれるブースター、きっかけ、ひきがね、
トリガーのようなものなのだとか。

長年ステロイドをつかってきた場合、肌にとって、体にとって、とてもイレギュラーな事態なわけです。

イレギュラーなことやってきたんだから、イレギュラーなことでしか治せないんです。

それは、薬をやめること(脱ステ)だけでは治らないですよね。

色々な治療法があると思いますが、どうやって治していくかということをしっかりと考えていかないと脱ステ沼にはまってしまうと思うんです。

母は今までずっと、こふき芋(怒られる!!(笑))のように乾燥肌で生きてきましたけど、

今はもうプルンプルンです。

皮脂とか潤いとかって、血液や水分が身体全体、顔全体にしっかりとまわれば出てくるもんなんですね~!!

本当に血流って!免疫って!最高の美容液だなって改めて実感しました!

次の治療?というかもうメンテナンスと言った感じになりますが、

また2週間後にシェアしますね~!

それではまた!!

アトピー・アレルギー完治のための食事療法

※食事法はVE&BI治療院とは関係ありません★

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする