気血免疫療法の皮膚疾患治療6回目!~吸い玉治療やったよ!~

こんにちは~タマニャコです!

気血免疫療法の治療(タマニャコ母の)の6回目に行ってきました~!

気血免疫療法ってなに!?って方はこちらの記事からご覧ください。

参考記事▼

【アトピー治療】免疫を高めてアトピーを治す!~福田ー安保理論と気血免疫療法について~

なんか・・もうすっごいよくなっててびっくりです。

顔も真っ赤になって腫れていたんですがすっかりよくなってきて、

ひどかった首から胸あたりも境目がわからなくなってきました!!

2回目治療時 顔もまだまだ赤みがあった。かゆそう。

↓  ↓

6回目治療時(今回)

お母さまお綺麗です!!

顔のお肌もどんどんツルツルになってきて、リフトアップもされて・・

本当に以前より綺麗になりました!?って感じなんですけど(爆)

なるりえ先生の治療・・”美”そのものなんですけどー・・!!!

もううわべだけの”美”はいらない・・。

タマニャコもなるりえ先生のプレミアコースうけたぁ~いぃぃい!!

まだ腕部分と足に湿疹が多少できていますがじきに抜けていくと思います。

もう炎症という感じではなく、沈着してそれもどんどん薄くなってきています。

2回目治療時(耳の粉ふきカサカサ)

6回目治療時(つるんなお耳になりました!)

今日はさらに新しい治療も入ってきたので、シェアします~!

気血免疫療法6回目どやった?

本日も娘さんに大変お世話になりました・・・

吸い玉治療

今日は吸い玉治療からスタートしました!!

プレミアコースはなるりえ先生がやりたいように自由に、ここだっ!って時にこれだっー!!

というバチコンはまる治療を施してくれる(笑)

吸い玉知ってますか??

こんなん!

吸い玉は別名カッピングとも呼ばれていて、インドや中国などで昔から利用されていたようです。

ガラスやプラスチック、シリコンなどでできているカップを使って、背中や腹部などを真空状態にし吸着させます!

先生いわく骨に癒着している神経をひっぺがすような感覚だそうです。

血流がよくなり、代謝がよくなるので、痩身効果もあるとか!

エステでも取り入れているところがあるようです。

もちろん、治療の基本はお灸と針とアロマオイルを使って磁気棒でゴーリゴリ流していくことが中心なのですが、こういった治療もちょいちょい入れていくとさらに効果があがるそう!

血流・・・痩身・・美肌・・・アンチエイジングぅーー!!!!

うっげ。やりたい!!!やりたいやりたい!!血流滞ってるとこズッポリやりたい!!

タマニャコ「これって自分ではできないのですか・・・??」

先生「全っ然できるよ!!アマゾンで普通に売ってるよー!」

探しました!売ってました!!(笑)

先生はガラスタイプのもので、チューブで空気をぬくやつを使ってましたが、

ちょっと重いと言っていたので、シリコンも使いやすいかな~

【CoCoQ】【M10個セット】【分かりやすい取扱説明書&身体ツボ図付】シリコンカッピング

背中を1人でやるのだったらホースがついてる方がいいかも?

カッピング セット プハン 吸い玉 カップ5種類 19個 つぼ押しピン10本付き ハンディケース入り
自分の使い勝手のよさそうなのを選んだらよさそうですね!

購入したら(する前提w)またレビューしますねっ!!

吸い玉って瘀血を取り出す治療(瀉血)の時に使う医療器具のイメージがあったんですよ。

でも自分で血を出すのはちょっと・・・

この吸い玉なら血は出ません!

ここの箇所、他の部分と色が違うのわかりますか??

ちょっとどす黒い色っていうか。

これが瘀血です!血流が滞ってます。

参考記事▼

アトピーもがんも瘀血が根本原因。すべては血液を浄化する反応!

血流がよくなれば老廃物が排出されやすくなりますし、自律神経のバランスを整えることにもつながります。

肩こり、腰痛、むくみ、代謝が悪くて冷え性の方にもおすすめです!!!

アトピーは血流の滞りを解消させることはめちゃめちゃ重要なので、

アトピーのセルフケアで吸い玉ってかなりいいと思います!!

治療を自宅でできるだけ再現させるっ!!!

治すのは自分の免疫なのです。

どれだけ自分の体の自然治癒力を上げられるかが勝負!!

・・・ほちい。

どんどんマニアックになってる気がするタマニャコ。

ただ、1週間ぐらい跡は残りますので、背中がっつり出したり、写真集は出せなくなります。

でもちゃんと跡は消えるそうです。

ちなみに吸い玉をする時間は長くても10分ぐらいでよくて、それ以上やると水ぶくれになったりしてしまうので要注意です!!

保湿と脱保湿について

これって議論が分かれるところですよね。

なるりえ先生はどっちと言われれば「保湿派」です。

脱保湿をした方がいい時もあるし、保湿をした方がいい時もある。

と言った方が正しいかもしれません。

先生の基本は「陰陽」・・いつでも「中庸」に戻ること。

つまり全てバランスを重視しています。

断食だってやりすぎれば免疫低下を起こし、ガリガリになって自律神経を乱し、

難治化させてしまうこともあるように、肌断食も同じことだそうです。

何が何でもいつも脱保湿が絶対というのは、「免疫」を見てないと言います。

余分な時は捨てたほうがいいし、足りなければ補う。

全ては中庸に戻ること。

肌になにもつけない方がいい時もあるけど、汗をかいてデトックスしたあとはリッチな栄養のあるオイルでうるおわせてあげたり。

しかるべき時に、栄養をいれてあげる方が治りがグンと早くなる。

ただ、先生が言っている保湿とは本当に上質な(粗悪な抽出方法のものは絶対NG)

アロマオイルとフローラルウォーター、もしくは強酸性水のことです。

強酸性水は気になっていたので、買ってみました!これは1500円ぐらいでした!

気血の治療院の受付で購入したものです。

100%天然水です。

マルチウォーター

酸性の水なんですが、洗顔の際に石鹸でアルカリ性になった肌を弱酸性にもどしてあげる

効果があります。

「ウソをつく化粧品」の本の中でも酸性化粧水はおすすめされていました!

本来、美容とは適度な刺激がお肌を活性化させるのだと学びました。

大事にしすぎて過保護にしすぎると肌が厚ぼったく、さらなるトラブルを招くのだそうです。

参考記事▼

アトピーにおすすめの化粧水(保湿剤)はない?敏感肌・無添加・医薬部用品も危険!

ちょっと刺激がある水なので、肌バリアが完全に壊れてしまってるときは赤くなってしまったという話も聞きますし、感染症を抗生物質を使わずにこれで治しました!

という方もいらっしゃいました!(種類は違うかもしれませんが)

おそらく評価が分かれるところだと思うのですが、使うタイミングがあえばすごくいいものだと思います。

(そこが難しいwww一応情報だけ出しておきます!)

先生いわく花粉で目がかゆい時とか、顔をすっきりさせたい時とか強酸性水でシュシュっ!とやるととってもすっきりしていいそうです。

フローラルウォーターとは、植物を蒸留してアロマオイル(精油)抽出する際にできる蒸留水のことです。

気血ではエバーハルトのオイルをおすすめしてます。

これはティートリーウォーター!

「ハーブウォーター」「芳香蒸留水」ともいわれます!

アロマオイル + 強酸性水

植物の栄養をさらに入れたいときは、

アロマオイル + フローラルウォーター

として使うと、さらっと使えてとってもいいんだとか!!

フローラルウォーターにはごく微量の精油成分も残っているようなので、

精油はちょっと強すぎるって方にも、そのままお肌につけれるしすごくいいと思います!

あと、痒い時や体をクールダウンさせたいときはハッカを使うといいですよ!

他のアトピー患者さんが、「あれはモルヒネです!!(いい意味ね)」と言ってるそう(笑)

タマニャコもよくかゆい時、保冷剤で体を冷やしていた時があったのですが、

あれは体を冷やしすぎて治癒とは逆に行ってるのですね・・。

冷えて治る体はないんですよね。

治療ではガンガンお灸で外から熱入れてるわけですしね!

なので、クールダウンさせたい時はハッカやミントなどの精油を使って体を冷やしすぎないのがポイントです!

タマニャコは、今エバーハルトのコンセントレーションというマッサージオイルを使っているのですが、すっごくいいですよ!

マッサージオイルなので難しいこと考えずに、このまま肌に伸ばすことができます。

ハッカも入っているのでスーーっとして痒み対策にもなると思います。

Dr.エバーハルト 陰陽五行マッサージオイル・コンセントレーション 「金」 100ml

陰陽五行を意識して、天然石が入ったアロマオイルってやべーですよね(笑)

本当に上質・・うっとり。

よくアトピーさんで牛油や馬油を使っている人がいますが、あれば絶対にだめだそうで、

動物の体温は人間より高いので、熱をもたせて、毒素も排出できないので絶対に使ってはいけないそうです。

植物のオイルは蓋をしてしまうということはないそうです。

タマニャコは基本脱ステ時に保湿剤も何もぬらないで治したので、

母の治療を見ていてオイルを使うって最初はどうなんだろう??

って感じだったんですが、グングンとハイスピードで治っていく母を見てまた考えが変わりました!

ただ、これを塗れば治る。という話ではないです。

しかるべきときに、しかるべき栄養をいれ、血流を流し、自律神経を整えていくこと。

そっちの方が大事です。

一概に保湿がダメで脱保湿がイイとかそれだけでは全然語れないなぁって思いました。

体の感じ方の変化

前回は腰がすごい痛がっていたのですが、前回よりは痛がらず、

今度はおしりがめっちゃ痛がっていました。

どんどん下がってきているのかな?

毎回体の感じ方が違っているので、体っておもしろいなぁ~って感じます。

悪いところは奥からどんどん表面化してくる。

まだまだ、肝臓部分も痛がっていました。胃も硬い。

そういえば母は、ピロリ菌除去のために抗生物質でやっつけてるし(いい菌も死んでる)、

以前はかなり花粉症がひどくて、1発注射というのを何回か耳鼻科でやっているのを

思い出したんですよね。

花粉症の1発注射やると、お会計の時にはもう鼻つまってないんですって・・・・

おしりにぶっさすらしいんですが、それって・・・ステロイド注射ですよね!?!?

今までの人生、知らず知らずのうちに薬を使って病気を抑えてきてるんですよね。

もはや薬とも思わずになのだと思います。

自分もそうでした。何年もそのことに気が付かないで、途中から考えることもやめて

ひたすら薬を塗ってた。

以前もお話ししたかもしれませんが、

別の潰瘍性大腸炎を患っていた方が10年間ほど薬をみっちりやってきて、寛解したー!

って思ったら小脳変性症というさらに重い病気になってしまったという話。

先生いわく、難病を最初から出してくるということは少ないんだそうです。

(もちろん先天性でうまれつき難病を患っている方もいらっしゃいますが。)

難病になる前、もっと軽い病気でずっと薬で症状を抑えてきたとか、

抗アレルギー薬を飲み続けてきたとか。

そこが本当の意味で対処療法の怖いところなんです。

薬から脱却して(救急の時以外)自分の免疫で体を治して欲しい・・・と発信しているのはそのためでもあります。

対処療法を繰り返せば、取り返しのつかない病気を出してくる可能性が本当に高いのです。

病気のチェーンがとまらないんです。

次はアトピーよりもさらに重い病気かもしれません。

そのとき後悔しても、遅い場合だってあるのです。

気血免疫療法の治療院はアトピーだけでなく、様々な難病を抱えた人、病院で余命を宣告されたけど、治療で余命を超えて生活できるようになってる人もいます。

実際に先生が臨床で体験したことすべてが経験となってます。

これは知識とか勉強とかそんなもので得られるものではないんです。

実際に目の当たりにしている実態。

目の前で起こっていることなんです。

母は今回潰瘍性大腸炎からの皮膚炎・・

これを薬で抑えていたらもしかしたら次は乳がんかもしれなかったと先生がおっしゃっていました。

乳がんはアトピーなどの皮膚疾患と同じ副交感神経側の病気でもあります。

でも、こういったことを知らないで薬を使い続けている方がほとんどですよね。

だからこれからも伝え続けなければならないと思ってます。

最終的に治療を選ぶのはその人の自由。

それは本当にそう。

今回、母は自分の免疫を使って体を治していくことができたので今までのツケを半分ぐらいは

返せたって言ってました。

今どうしても薬が手放せない人も、できるだけ薬から脱却できるように・・まずは減らすところからでもいいです。

どうか薬以外の選択肢があることを知って欲しい。

脱ステしても、どんなに養生を頑張っても、思うようにうまくいかなくて、

どうしたらいいかわからない時は、気血免疫療法の門をたたいてほしいです。

薬から脱却し、養生をして治す下地ができているアトピーの場合、

あと一息のところでふわふわしたものが出し切れないことが多いだけで

治療でガツンとやれば、出し切ることができるそうです。

(ステロイド40年使っていた方の治療

自分で自分を治すと決めたのなら、最大限応援してもらえます。

毎月第一日曜日にリアル免疫アップセミナーが開催されているのでぜひ行ってみてほしいです。

参考記事▼

【アトピー治療】難治化しても治る!気血免疫療法会のリアル免疫力セミナーに参加してきた!

母はもうほぼよいのですが、10月いっぱいは週に1回通うそうなので、

またシェアします。

それではまた!!

自分で自分を治すって本当に最高の治療です!!!

7回目の治療もご覧ください▼

気血免疫療法の皮膚疾患治療7回目!~どこでツケをはらう?~

まずは食養生から始めませんか!!??

タマニャコは食事を変えて、アトピーもよくなり人生が変わりました。

アトピー・アレルギー完治のための食事療法

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする